スポンサード リンク

2015年04月13日 00:03

歴史経済・ビジネス

個別記事ページへ


さて。

そういうわけで、「兵器の生産量」という切り口で各国を眺めると、アメリカ合衆国が突出していることが分かりました(知ってた)。

むしろ、前回記事なんかはコメント欄の方が充実しているという有様であり、非常に続きを書きにくいわけですが、皆様いつもありがとうございます。

コメントをたくさん頂けて、大変励みになってます。



続きを読む
スポンサード リンク
スポンサード リンク

2015年04月04日 02:05

歴史軍事

個別記事ページへ


アメリカと言えば物量。
物量と言えばアメリカ。

第二次世界大戦において、アメリカの物量が群を抜いていた事は、みなさんもなんとなくご存知でしょう。

そんなアメリカの生産力を、各国と比べてみよう!というのが今回の試みです。

しかし、「生産力」というのもなかなか曖昧な言葉で、何を比較するかで全く違う結果が出てしまいます。

本来なら、戦略物資(チタン,石油,鉄鉱石屑鉄等の戦争継続に必要な物資)や、鋼鉄・アルミニウムの加工品なんかも含めて細かく比較するべきなのでしょうが、あんまり手を広げると大変です。

というわけで、今回は超おおざっぱに、「主要国の主要兵器製造数」のみを比較してみます。

兵器の質や大きさなどは一切考慮に入れず、生産「数」だけで比較します。

必ずしも戦争における強さとイコールとは限りませんが、英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きな方もいらっしゃると思いますので、宜しくお願いします。

image
image
image
参考画像

続きを読む

2015年03月21日 20:05

歴史経済・ビジネス

個別記事ページへ


一部のネット上で、「畜生国家」の名を欲しいままにしているイギリス。
英国紳士などと嘯きながら、その本性は凶暴野蛮とされています。

そういった風評からの先入観により、我々もついつい「ブリカス」などと呼んでしまうわけですが、イギリスは本当に畜生なのでしょうか?

2chの歴史スレの論調に流されていませんか?

m9(`・ω・´)ビシィ!!


前置き
香香辛料美味すぎワロタwww
会社をつくるということ。
東インドに会社を作ろう!!


続きを読む
逆アクセスランキング
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

このページのトップヘ