スポンサード リンク

2014年10月19日 10:30

社会歴史

個別記事ページへ


パチンコに関わるネット上での議論には、実にたくさんの論点があります。しかし、大きく分けると二つの問題に集約されると思います。

業界に関わる在日コリアンの割合が高い

実質的にギャンブルではないのか

そして、このそれぞれに、たくさんの下位カテゴリがあるわけですね。思いつくままに挙げてみると、

在日コリアンの割合が高い
 →日本人から金を巻き上げ祖国に送金
 →韓国自身はパチンコを禁止した
 →同胞の多い消費者金融業界やマスコミとの癒着
 →戦後の混乱に便乗して一等地を占拠した
 →新規参入が難しい、不透明な業界構造
 →そもそも在日コリアンが嫌い
 →その他、各種陰謀論


実質的にギャンブルではないのか
 →三店方式という法の隙間を狙った換金方法
 →警察からの天下り受け入れ、癒着
 →破産する程の射幸性
 →賭博場が街中に普通にある
 →胴元が自由に控除率を調整できる
  →釘調整とかいう違法行為
  →脱税疑惑
 →売上がデカすぎる
 →そもそもギャンブルは悪か


まだまだあるかもしれませんが、主要なところはこんなもんですかね。

これらは、歴史的にも実体的にも相互に関連があるわけですが、パチンコ関連の議論では、論じる人が、これらの要素を自由に取捨選択し、自由にウェイト調整してしまいます。さらに、そこに捏造デマ誤解が加わってくるため、議論が噛み合わなくなったり、口論になりやすかったりするのですね。

かといって、これら全てを網羅しつつ、どうあるべきかなんて結論を出すには、私の知能も余白も足りません。

なので、色々パチンコ業界には問題や課題が多い事は重々承知していますが、この記事については、あくまでパチンコ業界における在日コリアンの話題のみを扱います。そんな前提を踏まえて読んでね(・ω<) -☆

続きを読む
スポンサード リンク

2014年10月08日 00:25

社会歴史

個別記事ページへ


というわけで、 前回のつづきですが、在日とパチンコの関係について見ていくには、そもそもパチンコがどういう歴史で日本に普及していったかを知る必要があります。

パチンコに対するスタンスは、「普通に楽しんでるよ」、「違法賭博はぶっ潰せ!」違法じゃないけど、「朝鮮玉入れw」などなど、人それぞれだとは思います。

ただ、あまりにも日本に深く根付いているのも事実であり、好きでも嫌でも目につくものでしょう。

日本人として、そんなパチンコの歴史を知っておくのも悪くはないと思います。

といっても、黎明期のパチンコの情報は、驚くほど少ないのが現実です。

続きを読む

2014年09月29日 18:30

社会経済・ビジネス

個別記事ページへ


当たり前の話ですが、賭け事の胴元というのはとても儲かります。

客側はイチイチ勝ったの負けたのと騒いでいますが、胴元はそんなの相手にしていません。

確かに個別の事例で見れば、勝ち越している人もいるでしょう。しかし、胴元は一人一人の客と勝負しているという感覚は皆無。「客全体」と勝負しているので、その試行回数は莫大なものになるわけで、ほぼ確率通りの結果、すなわち胴元の勝ちが最初から約束されているのです。

そういった意味では、最初から勝負にすらなっていません。

なお、この負ける確率というのは、控除率で表すのが一般的です。控除率とは、賭けた金額に対して胴元が持っていく金額の割合です。これは種目毎にだいたい決まっていて、有名なところだと、次のようになっています。

宝クジ 55%
toto 50%
日本の公営競技(競馬競輪など) 基本25%
海外の競馬 15%~24%
パチンコ・パチスロ 10~15%
カジノのスロットマシン 3%~15%
ルーレット 3~5%
バカラ 1~4%
ブラックジャック 1%


特に日本の公営ギャンブルのエゲツなさが目立ちますが、ギャンブル好きはこんな事は十分知った上で頑張っているのであり、まぁ個人の自由ではあります。

ここで重要なのは、ギャンブルの胴元は儲かるという事です。カジノを経営する権利を得られたら、大金持ち間違いなしです。

しかし、その一方で、ギャンブルの持つ魅力は社会に害を及ぼすという一面もあります。世の中にギャンブルが蔓延すると、健全な労働で対価を稼ぐのがバカバカしくなってくるという理屈ですね。他にも、トラブルに発展しやすかったり、破産するヤツが出てきたり、詐欺などの犯罪に発展したりと、確かにデメリットも多いわけです。

なので、およそあらゆる国々で、ギャンブルは規制されています。一部の国でのみ、カジノや競馬などに限定して、法律に基づき許可されています。そう簡単には胴元にはなれないのですね。
続きを読む
逆アクセスランキング
スポンサード リンク
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

このページのトップヘ