腹筋崩壊ニュース

ためになる、ロマンを感じる、笑える記事を、幅広くご紹介していきます。

スポンサード リンク

個別記事ページへ
Posts :  2014年04月21日 15:05
Category :  学問    教養・雑学 
Comments :  10
Tag :  コラム 未来 技術 コンピューター 進歩
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


2014-04-21-13-07-07

(機械式計算機の発明を受けて)
… そのような機械を使えば、学者は精神を酷使することなくただクランクを回すだけで問題の答を捻り出せてしまう訳で、これが学校にでも持ち込まれたなら、それこそ計算不能なほどの弊害を齎すでしょう。
いわんや、そのような機械がおおいに発展し、自らの欠陥を正す方策を思いつくこともないまま、人智の理解を超えた概念を捻り出すようになったとしたら!

1847年-編集者R.ソーントン

機械が思考する方法がひとたび確立したならば、我らの如きひ弱な力はすぐに追い抜いて行くだろう。
… 従って何らかの段階で、機械が実権を握ることになると考えねばなるまい。

1951年-数学者アラン・チューリング

(ジョン・フォン・ノイマンとの会話) あるとき、進歩が速まる一方の技術と生活様式の変化が話題となり、どうも人類の歴史において何か本質的な特異点が近づきつつあって、それを越えた先では我々が知るような人間生活はもはや持続不可能になるのではないかという話になった。

1958年-数学者スタニスワフ・ウラム

超知的マシンを、いかなる賢い人もはるかに凌ぐ知的なマシンであるとする。
そのようなマシンの設計も知的活動に他ならないので、超知的マシンはさらに知的なマシンを設計できるだろう。
それによって間違いなく知能の爆発的発展があり、人類は置いていかれるだろう。
従って、最初の超知的マシンが人類の最後の発明となる。

1965年-統計家I.J.グッド


スポンサード リンク

個別記事ページへ
Posts :  2014年04月19日 21:15
Category :  社会    自然・生物 
Comments :  23
Tag :  コラム 災害 破壊 文明
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、最強火山「イエローストーン」の動向に注目が集まっていますが、かつて人類を絶滅させかけた火山のことをご存じですか?

それは今から7万年~7万5,000年前のこと。
インドネシア・スマトラ島の「トバ火山」が大噴火しました。
2014-04-19-20-35-47
通称「トバ・カタストロフィ」

この噴火エネルギーはすさまじく、東南アジア~南アジアに猛烈な火山灰を降らせたほか、エアロゾル化したマグマガスが地球を覆い太陽を遮り、酸性雨が降り、地球の平均気温は5度下がって寒冷化したそうです。

遺伝学的な検証によると、この大災害により地球の人口は1万人程度まで減ったと言われており、その凄さがうかがえます。

実はこのトバ火山が起きたその場所で、いままた火山が噴火しています。

2014-04-19-20-39-26
2010年に、眠りから目覚めたシナブン火山。ヤバ杉内。

大噴火はいつ起こるか誰にもわかりません。仮にいま再びインドネシアで、トバ・カタストロフと同じ規模の大噴火が起きたらどうなるのでしょう。
2014-04-19-20-55-02

我々は生き延びて未来文明を築くことができるのでしょうか・・・。

10段階に分けてみたので皆さんもシミュレーションしてみてください。

個別記事ページへ
Posts :  2014年04月18日 19:05
Category :  グルメ    文化 
Comments :  26
Tag :  コラム コーヒー
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


よいコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い

タレーラン(仏)


多くの人にとってなくてはならない飲み物となっているコーヒー。

世界の歴史には色々なコーヒーストーリーがあります。


個別記事ページへ
Posts :  2014年04月17日 23:35
Category :  宗教    オカルト 
Comments :  17
Tag :  コラム 宇宙人 聖書 キリスト教 ユダヤ教
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


タイトルの通りです。

絶対大昔に宇宙人来てたと思うんですが。

ピラミッド、ストーンヘンジ、モアイ像、ティワナコ遺跡、ナスカの地上絵等々。
こういった巨大建造物は、宇宙人が作ったor作り方を教えた的な語られ方をします。

こういった説を唱える我々の最大の弱点は、さっぱり証拠が無いことです。

実際のところ、本当に当時の人間にピラミッドは作れなかったのか、よく分からないわけです。

さらに、最近のUFO系ネタは、CG技術の進歩とともに、インチキが蔓延しており、真贋を見極める事はもはや不可能です。

そこで、捏造のしようが無い、古い絵画や壁画に活路を見出していくわけです。

個別記事ページへ
Posts :  2014年04月17日 00:05
Category :  生活・人生    社会 
Comments :  18
Tag :  コラム エイズ ウイルス 病気 陰謀
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


一般にAIDSと呼ばれている病気は、正式名を後天性免疫不全症候群といいます。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が免疫細胞に感染・破壊して、後天的に免疫不全を引き起こします。
2014-04-16-13-06-38
HIVのイメージ図

初めて正式なAIDS患者が認定されたのは、アメリカ。1981年のことです。
それ以来、爆発的に感染者が広がり、2012年時点で3530万人、現在は5000万人以上が感染していると言われています。
2014-04-16-12-41-54



個別記事ページへ
Posts :  2014年04月16日 14:05
Category :  歴史    文化 
Comments :  11
Tag :  コラム 風習 芸者
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ゆびきりげんまん、嘘ついたら針千本のーます!

「ゆびきり(指切り)」とは、江戸時代の遊女・女郎が小指を切って男性に渡し、愛を誓う行為に由来する言葉です。

仕事とはいえたくさんの男にお酌をし、体を重ねる日々。
切ったら二度とは生えてこない自分の指を渡すことはたった一人の想い人に対する何よりの愛の証だったのです。

来世で結ばれることを願って一緒に自殺する「ガチ心中」が法によって禁止されている当時、こうして自分の体の一部を渡す「プチ心中」は男性にとっても秘密のステータスになったと思います。
純朴な男たちなら肌身離さずさぞ大事に持っていたのではないでしょうか。


2014-04-16-08-19-56
15歳の時に実際に指切りをした芸者・照葉さん。カワイイ!
2014-04-16-08-20-00
よくみると確かに小指の先がありません

個別記事ページへ
Posts :  2014年04月15日 09:05
Category :  歴史    科学 
Comments :  8
Tag :  コラム 天才 偉人 電気 発明
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


殺人光線、地球全体の照明化、太陽エンジン、地震発生装置、天候操作技術・・・。

安物のSFみたいな荒唐無稽の話だと思いますか?実はこれらは全て、100年前に生きた一人の男が発明したものなんです。

日本では不自然なほどマイナーで、オカルトファンからマッドサイエンティストとして知られることの多い人物ですが果たして本当にそうだったのでしょうか。

2014-04-14-21-42-03

個別記事ページへ
Posts :  2014年04月14日 20:35
Category :  社会    議論 
Comments :  27
Tag :  コラム 原発 放射能
Social : 
このエントリーをはてなブックマークに追加


2014-04-14-08-01-16

「原発ゼロ」転換決定 エネ基本計画、重要電源と明記

政府は11日、国のエネルギー政策の指針となるエネルギー基本計画を閣議決定した。
原子力を「重要なベースロード電源」と位置づけて再評価したのが最大の特徴だ。
民主党政権が2012年に打ち出した原発稼働ゼロの方針を転換したが、電源全体に占める比率は示さなかった。太陽光など再生可能エネルギーを最大限、推進する姿勢を強調した。

2014-04-14-00-17-00

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1100H_R10C14A4MM0000/より引用


原子力発電については、賛成派反対派それぞれの意見が活発に交わされています。

そういった中、今回政府が閣議決定したエネルギー基本計画は、当面は原発を動かす事を決めたと同時に、将来的どうするかはとても曖昧です。

要するに、
とりあえず電気足りないから原発を動かすけど、このままいくとかなりヤバいから、なるべく他の発電方法を推進するぞ!

という訳ですね。

原発ゼロ!よりは、はるかに現実的な方針のような気がします。
逆アクセスランキング
スポンサード リンク
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ

このページのトップヘ